スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2ブログランキング ぽちっと応援よろしくです。

疲れにゴダール 

またぎりぎりに映画館に飛び込み。今回はセーフv

ジャン・リュック・ゴダールの「アワー・ミュージック
失礼ながらお亡くなりになったと思ってたよ;
しっかりと独特のワールド共々ご健在でしたよ。
何とも救いの無い現実と諦めにも似た哲学的問答。
ストーリーを書くのも難しい。
地獄、現世かな?、天国の3部に分かれた構成。
きっと何かに引っ掛けてあるんだろうけど…。
ゴダールの映画は良く観たけれど、いつも分かりそうで分かってたまるか的に逃げられるって印象。今回はさらに重い。

冒頭部のナレーションと戦争や殺戮の合成映像のスイッチングは
疲れた身体に効いちゃった(^_^;)時々意識がとびましてよ~ホホホ;

現世ではサラエヴォの学生に講義をしてるゴダールが中心に展開し、
最後はキーパーソンとなる女子学生が自爆テロと間違えられ殺され天国へ。
生きることも死ぬことも自分で決めることの自由の先には、戦争で死んでいったアメリカ兵がいたり…ん?ん?わからんなぁ;

もっとふか~い意味や暗示させてることがあるんだろうけど、
そこはほら!雰囲気で酔っちゃうタイプなので深追いはしません。
てか出来ません;すいません;

とにかく!!疲れにゴダール!効きまっせ~♪って話^^

スポンサーサイト

FC2ブログランキング ぽちっと応援よろしくです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nakanakayo.blog29.fc2.com/tb.php/176-d76dff84

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。