スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2ブログランキング ぽちっと応援よろしくです。

ALWAYSすべり込み 

ALWAYS 3丁目の夕日」を観てきたよ。
日本のアカデミー賞をとったせいか、
いつもならどんな映画も空いてるのに今日は混んでた。
10日までの上映だから、仕事が押して時間過ぎてたけど強引に入場!

席が空いてない!初めて一番前の席で観たよ~;
足を投げ出して観るからほぼ寝ながら。
首はそうでもないけど、目が疲れたな~(*_*;

お話は、売れない物書き茶川さんの家族が出来るまでと、
鈴木オートで繰り広げられる血の気の多いお父ちゃんを中心とした日常の些細な幸せ。ご近所さんとの絶妙なやりとり。
東京タワーが出来上がっていく様に
高度成長に向かって頑張ってる下町の人間模様。

流石に主演やら助演やらとっただけあるね~
面白かったし、切なくて泣けた。

これはもっと長~い話が裏に脈々と流れている感じがした。
その生活の一部を切り取って繋げただけの自然さって言ったらいいかな?
絶対に実在した人たちだ!っていう確信のようなものを感じたの。
画面に出てないとこでも物語が続いてる気配があるっていう。。。

わかりにくいところもあったけど(何せ冒頭を見逃してるから;)
ノスタルジーとかってよく分からないけど、
私の世代より前の出来事なのに懐かしいって不思議!
家や車、食器のデザイン、模様入りのすりガラスが入った窓とか。
タイル張りの流しなんかトトロみたいでかわいいなぁって思ったり。
もう一度そういうところに注目してみるのも面白いかも~♪
TVでやるよね、きっと。

そうそう!あの夕日は本物なんだってね!
今でもこんなにきれいな夕日なんだもん、
昔の東京は空が広いからさぞかし綺麗だったんだろうなぁ。
スポンサーサイト

FC2ブログランキング ぽちっと応援よろしくです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nakanakayo.blog29.fc2.com/tb.php/162-1db40789

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。